一般の泌尿器科と男性専門クリニックの比較

包茎手術は泌尿器科で受けることができる

日本人男性の7割以上をしめるとされる包茎、デリケートな部分に関する症状であることも関係して特に処置もされないまま放置されていることが多いようです。確かに勃起したときに亀頭が露出するか正方形が大半を占めていることもあり、あまりケアの重要性が認識さえていないのかもしれません。しかし包茎を放置すれば、恥垢がたまりやすく雑菌が繁殖し悪臭を放ったり亀頭包皮炎などの健康上のリスクや、女性へのアプローチに消極的になるなど、弊害の方が大きいのが実情です。
そこで包茎手術で状況を改善するべきですが、どこで治療をうけるのかが問題になります。一般の泌尿器科でも包茎手術は実施されています。健康保険の適用を受けることができるので、自己負担金も抑えることができて経済的です。ただ健康保険の適用を受ける包茎手術は、機能面での不具合改善を目的にしているので、カントン包茎や真性包茎などの重度の包茎症状に限定されます。

男性専門のクリニックとの違い

費用を抑えるために泌尿器科で健康保険適用の包茎手術を受けるのは、確かに魅力的ですが軽症のか正方形では対象外と判断される可能性があります。また亀頭が圧迫されて血流不足を起こすなどの、機能面の状態の改善が目的になるので、見た目がツートンカラーの仕上がりになるなど、デメリットも気になるところです。包茎の状態のいかんを問わず包茎手術を実施しているのが、男性専門の美容外科クリニックです。一般泌尿器科に比較すると、保険適用外ですが包茎手術をするうえでは経済的負担を考慮してもいろいろなメリットがあります。
まず一般病院に比較すると、外見などの見た目も配慮した包茎手術が実践されている点があります。一般の泌尿器科に比較するとスタッフも男性であることが多く、恥ずかしい思いを抱く心配もありません。しかも包茎手術の術式も選択肢が豊富なので、一般泌尿器科に比較すると、術後の性機能の維持のうえでも満足できる結果を期待できるはずです。

まとめ

包茎には症状の程度がありますが、包茎手術で改善するのが長期的に見ればメリットが大きいのは明らかです。包茎手術は一般の泌尿器科でも受けることができますが、カントン包茎など機能面でのケアを目的にしているので、仕上がりがツートンカラーになったり軽症では対象外と判断される可能性があります。
一般の泌尿器科に比較すると、男性専門の美容クリニックでは包茎手術の術式がいろいろあります。包茎の状態に応じて、見た目の仕上がりも満足度が高いので包茎に悩む方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です