オールハンドの包茎手術はどう違うかを比較

オールハンドの包茎手術の特徴

包茎手術は余分な包皮を切除して、平常時でも亀頭が露出した状況にすることを目的にします。見た目でも性機能でも満足できるレベルにするには、オールハンドで丁寧に手術を行う必要があるので、いくつかの方法があります。従来から一般病院などでも実施されている環状切除はペニスの先端のあまった皮膚を切除するというもの。しかし露出した部位と切開を加えないほかの箇所との色合いの血がガ目立ちツートンカラーになりやすいデメリットがあり、先端なので傷跡も目立ちます。
そこで包茎手術の主流は亀頭直下埋没法です。亀頭の直下で切開を加えるので、環状切除に比較すると傷跡が目立たないメリットがあります。また切除する皮膚の範囲を留意することでツートンカラーになりにくいというのも人気を集める理由になっています。背面切開術は保険適用できる手術法ですが、他の包茎手術に比較すると、取り除ける皮膚の範囲に限りがあるというデメリットがあります。

オールハンドの包茎手術のそれぞれの方法を比較

一般泌尿器科などではかんとん包茎に対し、環状切除術が広く行われていますが、あくまで機能面の回復を目的にするので見た目の仕上がりは考慮されていません。審美的にも機能面でも満足できる手術は亀頭直下埋没術です。しかしく包茎手術を専門的に取り扱うクリニックでも比較すると、色々な課程に違いがあります。クリニックごとに比較するべきポイントは、麻酔方法や身体への負担の少ない手術法になっているか、の点にあります。麻酔自体の注射への不安感が強い方は珍しくありません。そこで包茎手術専門クリニックのなかには、笑気ガスを活用したり極細の注射針を使用しているクリニックがあります。注射が苦手なかたは、麻酔の方法を比較するのもおすすめです。
包茎手術では切開を加えるので出血や縫合不全などのリスクがあります。クリニックを比較するときは、電気メス(切開と同時に止血が可能)や吸収性のある縫合糸を使用しているか(抜糸不要)などは比較ポイントです。

まとめ

オールハンドの包茎手術には代表的な方法でも数種類あります。ペニスの先端の余計な皮膚を切除する方法は機能回復が優先されることが多く、傷跡やツートンカラーになるなどのデメリットがあります。最近ではこれまでの包茎手術の結果をふまえ、亀頭直下埋没法が広く実施されるようになりました。クリニックを捜すときには、同じ包茎手術でも麻酔方法や縫合に使用する糸の種類なども確認しておくことがポイントです。特にいたみや麻酔への不安が大きい方は、事前の確認が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です