農業経営と個人的な家庭菜園の類似性を見つける

農業経営と個人的な家庭菜園は、畑の規模や収穫量も含めて全く違いますが、
互いに共感できる類似性があるのも事実です。
どんなに規模が違っても、自然を相手にしていることは同じですから、
天候不順が続けば作物の実りは乏しいものになってしまいます。
農業経営をする人は、生産者と消費者が交流するための努力を行っています。
一方で、個人的な家庭菜園をする人も、作物を近所におすそ分けするなどして、
生産者と同じような交流を行っていることも類似点と言えます。
技術的な話をする場合には、連作障害に関する対策でも類似性を見出すことが可能です。
農業経営の場合には、畑を交互に入れ替えるなどして連作に対処しますが、
小さな規模の家庭菜園では輪作によって問題を克服できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です